介護、育児のお気に入り

介護保険制度とは、介護が必要な人のために、東京23区をはじめとする各市町村が運営・主体となっている保険制度のことです。
40歳になったら、必ず介護保険に加入して保険料を納めなければなりません。
ちなみに介護保険によってサービスが受けられるのは、65歳以上の第1号被保険者と40歳〜64歳までの第2被保険者です。

第1被保険者とは、身体が不自由なために寝たきりの状態であったり、認知症のため日常生活において自立が難しく介護が必要な場合、また身体は自由になるものの支援が必要な人のことを指します。
そして第2号被保険者は、認知症や脳血管疾患など老化が原因で、介護または支援が必要になった場合にサービスを受けることができます。
ただし第2号被保険者がサービスを受けるには、特定疾患であることが条件に。
この特定疾患には、筋萎縮性側索硬化症や後縦靭帯骨化症、初老期における認知症などを含め、15種類あります。

さて、介護保険の仕組みについてですが、まずケアマネージャーから介護ブログラムを立ててもらい、その後事業所にてデイサービスや入浴支援などのサービスを提供してもらいます。
サービスを受ける側は一割負担で事業所に利用料を支払い、残りの9割は市町村の介護保険から支払われることになります。
ちなみに第1号被保険者は全員に介護保険証が交付されますが、第二号被保険者には要介護が認められた時にしか交付されません。